思想の世界

人は言葉を発する。言葉は強力。思想を伝える唯一の方法。

スポンサードリンク

【思想】死後の世界〜闇or光〜

おはようございます。
TRICEです。

昨日は沢山のスターやコメントありがとうございました。
次は目指せ100記事ですね。
これからもよろしくお願い致します。

今日は死後の世界について考えてみたいと思います。

死後の世界はあるのか?


ネットでも調べてみましたが、様々な情報があり過ぎて答えが見つかりませんでした。

なので、自分なりに考えて答えを出してみました。

まず、死後の世界はあると思います、というかあると信じて生きて行きたいです。
闇か光で言ったら眩い光のある死後の世界があると信じています。

私が想像する死後の世界は、亡くなった直後魂が体から抜けて、49日が来るまで悔いの無いように魂と意識(思想など)がある状態でこの世を自由に飛び回る事が出来、49日が来ると自然に上空へと魂が導かれ眩い光が満ちた空間へと行きます。
そこは転生先を決める場所で、天国や地獄はありません。
その場所には、先に亡くなった大切な方達はいません。
もしいたら転生出来ないという事になってしまいます。

ですが、先に亡くなった方達の転生先を教えてくれます。
そこで、亡くなった大切な方達の近くに転生するか(子供として、愛犬として、夫として、友人としてかは選べません)、それとも誰もいない転生先を選ぶか、自由に時間をかけて選べます。
先に亡くなった大切な方の近くに生まれ一歳までは前世の記憶があり、そこからは記憶は無いですが本能と運命によって大切な人の側にずっといれます。
この繰り返しです。

私が考える死後の世界はこんな感じです。
なので、今周りにいる方達は自分にとって今も生まれる前も大切な人なのです。
もし私が考える世界が本当だったら素敵だなって思います。
死後の世界について様々な意見がある以上、自由に自分で考えた死後の世界を想像しながら私は生きていたいです。

挨拶


今日は『【思想】死後の世界〜闇or光〜』でした。

本日も貴重なお時間を頂きありがとうございました。

スポンサードリンク