思想の世界

人は言葉を発する。言葉は強力。思想を伝える唯一の方法。

スポンサードリンク

【思想】バブル世代?ゆとり世代?答えが見つからない』

こんにちは。
TRICEです。

まず始めに、沢山のスター本当にいつもありがとうございます。
皆さんのスターにいつも元気を頂いております。
それから、はてなブックマークを数多くの方々にして頂き心より感謝しております。
はてなブックマークでコメントを頂いている方々にコメントの返し方が分からないため返せずにすみません。
ブログの記事に直接コメントを頂ければ、是非コメントを返させて頂きたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。
本当に皆さんいつもありがとうございます。

今日は、『【思想】バブル世代?ゆとり世代?答えが見つからない』です。

世の中は様々な世代で分けられていますよね。
私が調べた中でも様々な世代で分けられていました。
その世代で育った人の特徴など色々書いてありました。

バブル世代


バブルの時期(景気が良い時期)に就職した世代の事で、高度経済成長の後の方に生まれた人達の事を指す。
当時は、様々な会社が高卒や大卒を問わず人員募集数を拡大したそうで、企業の求職人数は就職希望者を大きく上回り、就職に困ることはなかったそうです。

ゆとり世代

2002年度学習指導要領に沿った教育を受けた世代。
小学校でコンピュータを導入した授業を受けたり、インターネットや通信端末を操る事も多く、少子化問題のなか生まれ育った世代です。
景気が良い時代をあまり知らない世代だそうです。

本題

2つ、よく耳にする世代を書きました。

今日、私が書きたいのは、この『バブル世代』や『ゆとり世代』のような『世代』で人を判断してはいけないのでは無いかと思う。という事なのですが、皆さんはどうお考えでしょうか?

人をカテゴリーで分けるているみたいで私は中々受け入れられません。

『バブル世代の特徴はこうです。』
『ゆとり世代はこうです。』とネットやテレビで言われていますが、本当にそんな分け方でいいのでしょうか。

その人には、その人の生き方があります。
どんな人が世代という物を作ったのかは分かりませんが、そんな世代という物で分けられる程単純な人間なんて世界に1人もいません。

『〜世代はこうだ』と分けるメリットが私には1つも見つけられません。

この世界に1人1人違った思考や思想を持って生きている人々の邪魔になるだけだと私は思います。

お金があるから、仕事が出来るから、仲間が沢山いるから凄い分けじゃなく、人を評価するのは1人1人の人で、正解は無い世の中だからこそ正解は自分の価値で見つける物であって、カテゴリーのように分け、統計学か何か分からないが、その人達の思考や思想を勝手に決めつけるなんて私には考えられません。

挨拶


今日は、『【思想】バブル世代?ゆとり世代?答えが見つからない』でした。

本日も貴重なお時間を頂きありがとうございました。

スポンサードリンク