思想の世界

人は言葉を発する。言葉は強力。思想を伝える唯一の方法。

スポンサードリンク

【思想】東北絆まつり〜感動と怒り〜

おはようございます。
TRICEです。
 
今日は、『【思想】東北絆まつり〜感動と怒り〜』です。

東北絆まつりとは?


東北絆まつりとは、東北六魂祭の後継イベントで、2017年6月10日と6月11日に仙台市で開催されておりました。

東北六魂祭とは、東日本大震災の復興支援を目的として2011年にスタートした復興祭です。
仙台市からスタートし、東北6県の県庁所在地で順次開催され、2016年の青森市開催で一旦終わりました。
青森ねぶた祭、盛岡さんさ踊り、秋田竿燈まつり、仙台七夕まつり、山形花笠まつり、福島わらじまつり、この6つのお祭りが混ざり合って全てを一度に見ることが出来るのが、何と言っても六魂祭の魅力です。
 

感動と怒り


2017年6月11日、つまり昨日の絆まつりに私も娘を連れて行ってきました。
私は28年間仙台に住んでおり、こんなに人が集まるイベントは今まで他に無いと仙台市民ながら思いました。
東北6県の踊りも涙が出るくらい感動致しました。
『素晴らしい』の一言です。

実行委員や警察の方々にも知り合いがおり、その人達の意気込みを聞いて本当に勇敢で、『ありがとう』という思いでした。

ですが、そんな勇敢な人達を余所目に本当に情けない事態が起きました。

人と人とで押し潰されそうな会場。
子供が泣き叫ぶ声、転んでる御年配の方々、

それはそうです。

私が見渡す半径30m以内に警備員がいないのですから。

しまいには『警察が通りまーす』、『実行委員が通りまーす』と次から次へと押しながら進んで行く警察や実行委員会の方々。

えっ?
そこで転んでる人は?
押し潰されそうな子供は?

正直、怒りしか込み上げて来ませんでした。

そこから、私と近くにいた勇敢な男性達と子供を円状に囲み通り抜けて行きました。

ハッキリ言います。

死人が出なかったのが奇跡です。

祭り自体は、本当に素晴らしいです。
ですが段取りに関してはビックリする程悪いです。
勇敢な警察や実行委員会の方々がいる中、本当に残念で仕方ありません。

結局祭りには30分位しか居れませんでした。

死人が出たら『予測出来なかった』じゃ済みません。

私個人の意見としては、もっとしっかりと段取りや人材について考えるべきだと思います。

 

挨拶

今日は、『【思想】東北絆まつり〜感動と怒り〜』でした。
 
本日も貴重なお時間を頂きありがとうございました。

スポンサードリンク