思想の世界

人は言葉を発する。言葉は強力。思想を伝える唯一の方法。

スポンサードリンク

【詩】『2080年。。。』

おはようございます。

TRICEです。

 

詩の説明

今日は2080年の世界を想像して詩を書いてみました。

 完全な妄想です。

 

題名 『2080年は。。。』

 

時代は2080年、無くなっている円

人々は完全なる夜行性

夜になればなる程明るい街

投薬で感じる事が出来るようになった『幸』

初めて見たが、いつの間にか体に刻まれた番号は1228

 マイナンバー制度の進化

今や、ある意味の無い金貨

価値観や信頼が今の時代の通貨

好きな時に朝と夜を変化できる空間は人気のある施設の1つになる

 

何故か目を覚ます時にいつも聞こえる砂嵐

脳内に埋め込む事を決められているGPS機能付のチップの目覚まし機能だ

政府が消えて国を操るのは人工知能

『幸』の数が未納だとまずい事になるらしい

 

オリンピックは世界から消えた

皆が同じ能力を欲と交換で得れるようになったからだ

食事はサプリ一粒で10日間は持つ

学校も必要なく、自分が知りたい知識はダウンロードして脳内のチップに自動でアップロードされる

花はスイッチ1つで好きな果実に変えられる

だがあまり人気が無い、食べる必要があまり無いからだ

記憶は2030年のままだ、チップの誤作動で昨日の記憶が無くなってしまう

さぁ今日は何をしよう

そうだ、街で1番人気のカルタをやりに行こう

 

 

 

 

挨拶

本日も貴重なお時間を頂きありがとうございました。

スポンサードリンク