思想の世界

人は言葉を発する。言葉は強力。思想を伝える唯一の方法。

スポンサードリンク

【詩】世にも奇妙なモノカタリ

おはようございます。

TRICEです。

 

 

詩の説明

今日は空想の世界を詩にしました。

 

題名 『世にも奇妙なモノカタリ』

 

朝目覚め、コーヒーを一杯

優雅な気分、空は晴天

テレビは消して自然の音を耳に流す

昨日の嫌な事は全て水に流す

 

あれ?おかしいな

鏡に映る私は目を閉じたまま

服装も、なせが酷く汚れている

さっきまでパジャマでコーヒーを飲んでいたはずだが

手に持っているのは小さな花

 

何かがおかしい

もう一度寝てみよう

夢の世界はやはり心地いい

だけど何故か夢で皆が泣いて悲しみ

急に湧き出て来た俺の感情は何故か寂しい

 

目が覚めてコーヒーを一杯

気分が良くて、コーヒーを片手にパジャマ姿で外へ

ちょっと待て、こんな橋あったかな?

まぁいい、渡ってみよう

 

橋の奥は霧がかかり少し見えづらい

歩く毎に光が薄くなり、今はもう暗い

渡った先にあった大きな鏡

起きてるはずがやはり目を閉じたまま

すると下に吸い込まれ落ちてく穴

その最中記憶や思い出が体感した事のないスピードで蘇る

そうか。。俺は旅に出る

また多分何十年か後に世に帰る

その時にきっとまた皆に会える

その時にきっとまた皆に会える

その時にきっとまた皆に会える

 

 

挨拶

本日も貴重なお時間を頂きありがとうございました。

スポンサードリンク