思想の世界

人は言葉を発する。言葉は強力。思想を伝える唯一の方法。

スポンサードリンク

【詩】大震災

おはようございます。

TRICEです。

 

詩の説明

私は生まれも育ちも仙台です。東日本大地震を経験しました。

今も皆復興に向けて日々頑張っています。東日本大地震から2年後位に書いた詩です。 

言葉的に全部載せれないのですが、載せれる所だけピックアップしました。

 

題名 『大震災』

 

 

あれは
そう、海沿いのばあちゃん家
気付けば体が投げ出される天変地異
ラジオじゃ知ってる場所ばかりが流れる
津波と涙で記憶の場所が流れる

 

震災当日行う炊き出し
原発報道戸惑う人達
何もわからずに俺を見る小さな眼差し
だけど沿岸は、まだあの時のままだし

 

絆、ともに、絆、ともに、
メディアや国はそればかり
忘れずに、忘れずに、忘れずに
言われなくても東北人は誰1人忘れちゃいない

 

震災から国は何をしてきた?
国会で議論
いい加減にしろ
東北や熊本は日々頑張ってるぞ
行動で示し街に与える数々の色

 

絆は言葉で言っても始まらない
同じ飯食って一緒に汚れてからじゃない?
綺麗なスーツ着て一食二万の飯じゃ釣り合わない
私達は一人一人やる事をやってます
測りきれない辛い何かを押し殺してやって来てます

 

大震災起きても増える窃盗罪
それが犯人の弁当代
世の中物騒だ、もっとマシなニュースを見たいもんだ

 

復興を信じる
先ずは行動だ、明るいニュースしか報道出来ないように動こう
俺は俺なりやる復興 

 

挨拶

本日も貴重なお時間を頂きありがとうございました。

スポンサードリンク