思想の世界

人は言葉を発する。言葉は強力。思想を伝える唯一の方法。

スポンサードリンク

【詩】天のオルゴール

こんばんは。
TRICEです。

 

 

詩の説明

先日大好きだった祖母が他界しました。その時に書いた詩です。

 

 



題名 『天のオルゴール』

正直夢かと思った
目の前で目を瞑る貴方に触れて分かった
凍るように冷たい肌は何故か暖かく感じた
涙を流すのは何年振りだろう
また言い合いたいです。冗談で『ハロー』
こんなの嘘だろ
また会えるのを待とう

だが分かってる
まぶたの奥できっと笑ってる
『ありがとう』
と言葉が自然と出ていた。

そっちの景色はどうだい?
じーちゃんとは無事会えたかい?
俺はこっちで元気にやるよ
でも俺の心にはずっといてくれよ。

線香は、よく分からないけど沢山あげます
貴方のためにリリックを書きます
書いた文字を言葉で吐き出す
歌ったらリリックは仏壇にあげます
曲名の横に『ばぁちゃんへ』と書き足す

泣くのはやめて笑顔で『またな』
そっと俺は撫でたよ頭
だけど、ごめんな。止まらなかった涙
笑顔になるのはまだまだ先か

仲が悪かった親戚は何故か
貴方のお陰で仲良くなれた
自分の体を引き換えに沢山
幸を皆に与えてくれた

やがて死から一カ月が経った
毎日忘れる事なんてない
気持ちはまだ収まってない
だけどこれだけは言いたい
今なら言える
笑顔で『またな』
ごめん
やっぱりまだだ。

人の目を気にせずに撮った写真
ばぁちゃんの遺影と葬式でピース
昔くれた手作りのビーズ
腕につけて思い出の1ピース

不器用だからあまり優しく出来なかった
貴方が天国に行った次の日は大量の雪が舞った
まだ、逝きたく無かったんだと俺は悟った
心が落ち着くまで一緒に待とうか?
線香は絶やさないから道に迷うな

そろそろ49日になる
すまない。
どうしても外せない仕事があるんだ
心が繋がってるなんて綺麗事は言わない
来週必ずお墓に行くよ

その時は必ず笑顔で『さよなら』
いつでも会えると信じて『さよなら』
心だけは変わらずこのまま

 

挨拶

本日も貴重なお時間を頂きありがとうございました。

スポンサードリンク